レーザーによる刺青除去法|自分に合った方法を見つけよう

老化現象に勝つ

女性

老化現象の代表は、しわとたるみです。これを解消するためには、セルフケアだけでなく、美容医療の力を借りることが重要です。美容医療を受けると、今ある肌悩みを解消できるだけでなく、未来の肌への投資にもつながります。

たるんだ肌を注射で改善

女の人

美容外科では、顔の脂肪と肌のたるみの両方を解消できる注射がおこなわれています。脂肪分解作用や肌の引き締め効果のある注射ですが、これによりたるみに加えてシワもなくなります。安全な注射なので副作用の心配はなく、ダウンタイムも生じません。また1週間おきの注射で、効果が高まったり持続しやすくなったりします。

注入された成分の行方

注射器

人体で生成されたヒアルロン酸は、主に細胞と細胞・骨と骨の間に留まっています。それはヒアルロン酸注入された成分もほぼ同じことが言えます。また時間の経過とともに分子が分解されていき、細胞に吸収されたり全身に流れていきます。

刺青を消す施術

レディー

刺青の状態によっては消しやすさが異なります。刺青の面積が狭い場合には刺青部分をそのまま切開して切除する方法があります。皮膚が伸びる部分限定になりますが、切除して縫い合わせることによって綺麗に刺青除去することが出来るでしょう。縫合するので傷跡は多少残りますが、刺青をした跡とは分からないくらいの仕上がりになります。ただし足首などの皮膚が伸びにくい部分に関しては切除出来ない場合があります。面積が広い刺青に向いているのがレーザーを用いた施術です。照射しながら刺青を焼いて行きますのでやけど状態になりますが、皮膚が再生すると刺青は薄くなります。刺青の深さにもよりますが浅いものならば数回の施術で刺青除去が完了します。

刺青除去する際の注意点としては切除するのかレーザーを用いるのかによって治療にかかる期間が異なります。刺青を切除する場合は短期間で治療が完了します。面積が狭い刺青の場合は一度の施術で完了です。面積の広い刺青を切除する場合には複数回に分ける必要がありますが、レーザーに比べると治療回数が少なくて済みます。レーザー治療の場合は切除する必要がないので傷跡が残りにくいというメリットがあります。しかし、色素の濃い刺青や深い部分まで沈着している刺青に関しては長期で治療を行う必要があります。一度の施術では完璧に刺青除去はできないことは把握しておきましょう。刺青の状態によって向いている施術が異なりますので医師の提案の元施術法を決めるのが一番です。